「みやび盆栽」作品集。講師作品

「みやび盆栽」講師作品集

 

 

 

    早春3題  (30.3.8)

 

 

今年の冬はとりわけ寒いですね。
でも、冬来たりなば春遠からじ。凍てつく季節ををじっと耐えた花たちが、
少しずつ開きはじめました。

 

今日は、春待つ3つの寄せ植えを。

 

 

福寿草の山。
南天を少し合わせて品よく。

 

 

 

午前中のフキタンポポは、少し閉じ気味。

 

 

 

午後になって気温が上がるとこんな風に。

 

 

 

超大作!長さ80cm余の”宝船”を鉢に使った、堂々たる松竹梅。
荒波をイメージして、回りをエンゼルヘアーで囲んでみました。

 

もうじき桜の季節。誰もが桜花爛漫のときを待っています。「みやび盆栽」展示会も、種々の桜を
ご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。詳しくはhttp://miyabi-bonsai-kyoto.com/osirase.html
のご案内をご覧ください。

講師作品集

 

 

 

クリスマス寄せ植え  (29.12.15)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教室したりお歳暮にしたり…我が家の分が無いままでは淋しい

 

…で、これを作りました

 

題は「森の聖夜」

 

器は金色がかった萬古焼 持ち手の面白さに惹かれて買いました 本当は食器です どう使うのでしょう 煮物でも盛り付けるのでしょうか ガラスじゃないから、サラダボウルではないし…

 

食器は、気をつけて探すと、植木鉢に転用できそうな面白いものがたくさんあります 

 

陶芸教室の作品展で需めた置物をあしらい、森の中にひっそりとたたずむ教会をイメージしました

 

植物も同系色でシックにまとめて

 

 

 

 

 

 

 

クリスマス寄せ植え2点  (29.12.12)

 

 

今年のお歳暮2件 お世話になった方々に、明日お届けします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマス寄せ植え  (29.12.11)

 

これはお世話になったある方のところに、明日、クリスマスプレゼントとしてお嫁入りすることになっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年を寿ぐ松竹梅(信楽・狸庵の舟形鉢使用) (29.12.3)

 

 

 

 

 

和船型松竹梅の2作目

 

これはお客様のご注文に応じて作成しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年を寿ぐ松竹梅(信楽・狸庵の舟形鉢使用) 

 

 

    「宝船」   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年クリスマスの新作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”HOLY NIGHT in KOBE"

 

   鉢は信楽焼特注品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(上から)

 

 

 

 

 

 

 

 

迎春用寄せ植え・見本作品です        

 

     ※ 12月17日(日)開催のセミナー用作品です

 

(29.11.14UP)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松竹梅寄せ植え(大)  
 鉢の最大径 30p程度 8000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松竹梅寄せ植え(小)  
 鉢の最大径 18p程度 4000円

 

 

 

 

 

 

 

陶鞘の鉢
直径 15p程度 7000円
古い窯の遺跡から出土する鞘(さや)
鞘とは窯の中で作品を包んで焼く入れ物です
出土品はほとんどが破損したものですが稀に形の整ったものが発見されます

 

 

 

 

 

 

 

 

タヌキの置物で有名な信楽・「狸庵(りあん)」の舟形鉢です
今はもう作られていません 在庫品のみ
入荷したばかりなので、見本作品はまだです
鉢の写真のみ載せておきます 見本作品できました。この上段にあります↑
全長43p 材料込み 10000円

松の苔玉 2000円

台は参考品(金沢金箔)

 

 

竹の苔玉 1000円

台は参考品(金沢金箔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅の苔玉 2500円
(戸外の写真で見づらくてすみません)

 

 

 

 ★苔玉は単体からいくつでもお申し込みいただけます
 松竹梅をそろえて個別に飾られるのもオススメです

 

 

 

 

クリスマスセミナー・見本作品(その2)できました!        

 

     ※ 11月18日(土)開催のセミナー用作品です
                                                                       29.11.05UP

 


         鉢:足付き信楽焼・手作り品(長径33p・短径21p)

 

 

 

上記の鉢を使用した見本作品(8000円のコース)

 

植物を含む高さ:この作品の場合、約46p

 

    ※ 作品例ですので、当日は色々な植物からお選びいただけます

 

 

 

 

 

 

新作・秋色ペールトーンの協奏曲         
                                                       29.11.05UP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先月作った大文字草が真っ盛りなので、再度載せます。

 

 

 

 

クリスマスセミナー・見本作品できました!        

 

     ※ 11月18日(土)開催のセミナー用作品です

29.10.29UP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉢:足付き信楽焼・手作り品(長径28p・短径19p)

 

 

 

上記の鉢を使用した見本作品(5000円のコース)


※ 飾り物は含みません


植物を含む高さ:この作品の場合、約43p

 

 

 

鉢:足付き信楽焼・手作り品(長径20p・短径18p)



 

 

上記の鉢を使用した見本作品(3000円のコース)


※ 飾り物は含みません


植物を含む高さ:この作品の場合、約40p

 

 

 

 

   「秋のふた鉢」@
     大文字草・姫田村草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   「秋のふた鉢」A
     ろうや柿

 

 

 

 

 

盆栽仕立ての木と、主に山野草を合わせて、力強さと優しさの
組み合わせから生まれる美を楽しむのが「みやび盆栽」ですが、
たまには木の面白さを活かして単体で。

 

また山野草だけの鉢も可憐で可愛らしいものです。

 

                                 29.10.19UP

 

 

 


10月14日(土) 京都新聞文化センター講座のための見本作品@

 

 

作品名:「リンゴが夢みる丘」

 

花材:姫リンゴ・いわよめな・山苔・撒き石(桃色系)

 

 

前期より継続のかた用です              2017.10.10

 

 

 

 

 

 

10月14日(土) 京都新聞文化センター講座のための見本作品A

 

 

作品名:「渓流の里」

 

花材:ろうや柿・苔・箱根菊・姫タデ・石・撒き石

 

 

新規お申し込みのかた用です             2017.10.10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ご案内 「みやび盆栽」とは 井上修造園とは 「みやび盆栽」Q&A お問い合わせ